エフビーの支援制度



女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画及び情報公表について

kurumin

2022年3月1日

株式会社エフビー 行動計画

当社では、全従業員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り
働きやすい雇用環境整備を行うため、次のように行動計画を策定する。


1.計画期間

2022年3月1日~2027年2月28日までの5年間

2.内容

【 目標1 】

能力開発・キャリア形成に向けた研修等の受講率を男女ともに25%以上とする。

【 対策 】

●各年3月 研修等の受講状況を把握し、教育計画等検討
●各年5月 キャリア形成に有効な通信教育などを周知する

【 目標2 】

月平均残業時間数が10時間を超えないように残業時間の削減を行う。

【 対策 】

●令和4年4月~ 月平均残業時間が10時間を超過している従業員に
対して実態調査を行う
●令和4年6月~ 所属長は従業員の業務量に偏りがないか確認し、
残業時間を削減するために人員増や業務の配分を行う

【 目標3 】

年次有給休暇の取得率を60%以上にする。

【 対策 】

●令和4年4月~ 有給休暇取得状況を取りまとめる
●各年10月 有給休暇促進としてポスターなどを掲示する




2020年度


女性の活躍の現状に関する情報公表

①採用した労働者に占める女性の割合:72%(正社員)
②男女の平均勤続年数の差異:男性14.4年、女性13.2年(正社員)
③管理職に占める女性労働者の割合:9.1%(正社員)
④労働者の一月当たりの平均残業時間:14.3時間(正社員)







  くるみん認定や子育て支援企業などについては
岩手労働局ホームページに詳細が掲載されています。
当社の事例についてはこちらよりご覧いただけます。








子育てパパ支援

エフビーでは、子育て支援の一環として、男性でも育児休業を取得しやすくするための取り組みを行っています。



〈 取り組み内容 〉



ー 育児休業給付 ー

・・・雇用保険に加入している方が、育児休業をした場合に、原則として休業開始時の賃金の67%(6か月経過後は50%)の給付を受けることが出来ます


ー 育児休業中の社会保険料の免除 ー

・・・事業主の方が年金事務所又は健康保険組合に申出することにより、育児休業等をしている間の社会保険料が被保険者本人負担分および事業主負担分ともに免除されます


ー 上司を含めた従業員の方と面談の実施 ー

・・・育児休業を取得される前にその方の上司を含めて面談を行う事により、育児休業の取得を後押しするねらいがあります




その他にも!

 
●短時間勤務制度  ●子の看護休暇制度  ●時間外労働の制限  ●深夜業の制限  ●転勤についての配慮  ●所定外労働の制限 

男性にも使える育児・介護休業法に定められた両立支援制度が複数あります